女性ホルモン剤には副作用があります。

女性ホルモン剤を使用する際のリスクとは?副作用にはどのような症状があるのでしょうか? - 女性ホルモン剤には副作用があります。

アーカイブ

女性ホルモン剤には副作用があります。

自分の長い人生において、ずっと健康でいたいと思うのは当然ですよね?
しかし、全ての人達が健康でいられるわけではなく、人それぞれ悩みを抱えるものです。
その中でホルモン剤を投与しざるをえない女性たちも多いのですが、どうして投与する必要があるのでしょうか?
また、ホルモン剤を投与することでの副作用についてもよく考えてみましょう。
mjhlu

【どうしてホルモン剤が必要?】

普通に健康でいられればホルモン剤を投与する事はないのですが、近頃は必要になってきている女性も多いようです。
それは体調を壊してしまい、そこから女性ホルモンのバランスが崩れてしまうからです。
また、逆に考える事も出来て、ストレスなどから女性ホルモンのバランスを壊して体調を壊してしまうケースも多く、一概には言えません。
女性ホルモンのバランスを壊すという事、それはエストロゲンとの関係がとても深いのですが、女性の場合はこのエストロゲンは卵巣で作られるとても大事なホルモンなのです。
しかし体内での調子が悪くなれば卵巣も本来の働きが出来なくなってしまいます。
そうなればエストロゲンを作る量も減ってしまい、ホルモンバランスはどんどん崩れてしまうのです。

【不妊治療にも用いられる女性ホルモン剤】

このように、卵巣の状態が正常でなければ妊娠も難しくなってきます。
そこで、お医者さんで処方される多くがホルモン剤だと言われています。
卵巣を活発に元の状態へもどしてあげる事が目的でホルモン剤を投与するのですが、不妊治療はそう簡単にはいきません。
人にもよりますが、長い時間をかけて不妊治療を続けなければいけない女性も多いのです。
そんな中で、ホルモン剤を長い間投与し続けて気になるには副作用ですよね?

【ホルモン剤副作用の例】

すぐに効果の出る女性、何年もかけて不妊治療を受ける女性など、様々ですが、一部の説では女性ホルモン剤には副作用があると言われています。
いったいどのような症状があるのか調べてみましょう。
ホルモン剤の投与を続ける事で、太りやすくなるという説は世界的にも有名な話であり、ルックスに響いてしまう問題ですので女性にはあまり嬉しくはありません。
エストロゲンを正常な量を分泌させる為でもありますが、ホルモン剤を投与する事で、体内のどこかの器官が正常に活動していないという事が言えます。
その器官は排出をメインにした器官ですので、内臓での働きが弱ってしまう副作用があるようです。
また、倦怠感やだるい、むくみなど更年期障害や自律神経失調症に似たような副作用もあると言われています。
家事や仕事や育児に力が湧かず、向上心や努力などからも遠ざけるようになってしまい、家にこもってしまう場合もあります。
これはどんどんマイナス思考になり、人と会うのが嫌になる対人恐怖症など鬱状態に進行してしまう可能性も高く周りの人達の支えもとても大切になってきます。
ほか、長期投与を続ける事で、発がん性の可能性も高くなるという研究結果も出ているようで、とても怖い副作用と言えます。
エストロゲンの分泌を増やす為でも、やはり自然な方法で行わずホルモン剤を投与するという体内の流れに反した方法だからこその副作用だとも言えるでしょう。

【副作用について考える】

女性ホルモンバランスが崩れてしまい、ホルモン剤を投与せざるを得ない状況になってしまう事は無いとは言えません。
お医者さんに言われればそれが唯一の方法だと思ってしまう女性も多い事でしょう。
しかし、そこでどのくらい治療を続けるのか、そこからの副作用などについても話せるお医者さんに出会いたいものですね。
そうすれば適度な治療方法で健康に戻れれば副作用を恐れる事もないでしょう。
決して女性ホルモン剤そのものがが悪いのではなく、その使い方いわゆる解釈が問われるのだと思います。
ホルモン剤の通販・個人輸入業者を徹底比較

更新情報